[PR]

 31日に公表された国公立大学の志願状況で、最も倍率が低かったのは、教員養成系の学部系統だ。9905人の募集人員に対して、同日午後3時現在で3万6659人が志願しており、倍率は3・7倍。昨年の4・0倍(確定)を下回る見通しだ。こうした学部系統は12年には倍率が4・5倍を超えるなど人気があったが、近年…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも