[PR]

 私は新聞などでは「注目の若手研究者」のように紹介されるが、現実にはアラフォーだし、学界での評価がさほど高いわけではない。半世紀前、34歳の新進気鋭の研究者が中央公論社の日本の歴史シリーズの第7巻、『鎌倉幕府』を執筆した。学問的に高度な内容でありながら、決して晦渋(かいじゅう)ではなく、流れるような…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら

こんなニュースも