[PR]

 ■「篆書七言聯(てんしょしちごんれん) 桃花図軸(とうかずじく)」 呉昌碩(ごしょうせき)

 書が2幅、画が1幅で構成される中国書画の逸品である。作者は清代の文人、呉昌碩。碑や青銅器などに刻まれた古代の文字を重んじた「碑学派」のビッグネームで、台東区立書道博物館に出品中の本作は、彼の円熟期にあた…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも