[PR]

 ■王羲之にみる書の神髄 大東文化大・書道研究所所長、高木茂行

 IT化とともに進む、筆文字離れ。しかし、「書」は決して遠い存在でも、難解なものでもありません。読めなくても、楽しめる。その魅力を、九州国立博物館「王羲之(おうぎし)と日本の書」に展示される同館所蔵品からひもときます。

 漢字は、中国…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら