(声)札幌火災、公的住宅の支援急げ

有料記事

[PR]

 洋書店経営 多和田栄治(東京都 84)

 札幌の共同住宅火災は痛ましい限りです。こうした災害のたびに、生活保護受給者や高齢者など困窮世帯の、あまりにも貧しい住まいの実情があらわになります。

 憲法でいう「健康で文化的な最低限度の生活」を、住宅の面から保障してきたのは公営住宅です。しかし予算は縮む一…

この記事は有料記事です。残り339文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント