[PR]

 「日本書紀」の写本としては現存最古の部分を含みながら、まとまった精緻(せいち)な復刻本が出版されてこなかった「熱田本」(重要文化財)。初めての高精細カラー版が先頃出版された。

 高精細カラー版は、近世以前の貴重書である古典籍を、できる限り現物に忠実に再現できるのが利点。従来、古典籍の復刻は、筆で書…

この記事は有料会員記事です。残り438文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り438文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り438文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
こんなニュースも