[PR]

 ■リズムで耳に、創作して頭に 立川志らく(落語家)

 落語には三遍稽古という、師匠に3回話してもらって、録音もメモもとらずに、ひたすら耳で覚えるというやりかたがあります。

 師匠の立川談志からは「月2席覚えろ、50席になったら二ツ目にしてやる」と言われました。私は倍、4席覚えていました。父はクラシ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも