魯迅が見せた心の内は 野村萬斎・広末涼子「シャンハイムーン」

有料会員記事

[PR]

 中国の文学者、魯迅(1881~1936)の苦難の上海時代を井上ひさしが独自の視点で創作した「シャンハイムーン」が18日~3月11日、東京・三軒茶屋世田谷パブリックシアターで上演される。魯迅を野村萬斎、教え子で「第2夫人」の許広平を5年ぶりの舞台出演となる広末涼子が演じる。こまつ座、同シアターが企…

この記事は有料会員記事です。残り521文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら