[PR]

 三島由紀夫が能の本質をえぐり取り、その鬼才で現代劇に彫琢(ちょうたく)した戯曲「近代能楽集」の「葵上(あおいのうえ)」「弱法師(よろぼし)」が23~25日、東京・表参道の銕仙会(てっせんかい)能楽堂で上演される。演出の笠井賢一は「これらの作品を能舞台にいわば戻した時に、どんな演出と演技が可能かとい…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも