[PR]

 幕末に京の治安維持を担った浪士組「新選組」の幹部で、近藤勇、土方歳三らと同じ道場の出身でありながら、地味な存在とみられがちな井上源三郎(1829~68)と、新選組から分派を試み、それが理由で殺された伊東甲子(かし)太郎(1835~67)。この2人を扱った展覧会が、ゆかりの東京都日野市と茨城県かすみ…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも