[PR]

 最近のニュースからのクイズです。Q1の( )は相続制度の見直しで新設される権利。Q2の( )は民進党と希望の党がつくろうとしました。

 Q1 高齢化社会に合わせた相続制度の見直しを議論してきた法相の諮問機関「法制審議会」相続部会が、故人の配偶者が住まいや生活費を確保しやすくなることを柱とした民法の改正要綱案をまとめた。住宅の所有権が別人に渡っても配偶者が自宅に住み続けられる「( )」を新設する。相続制度の大幅な見直しは約40年ぶり。

 Q2 通常国会の召集を前に、民進党と希望の党による国会の( )結成の合意が白紙撤回された。( )結成で、野党第1党の座を立憲民主党から奪おうとしたが、提案した民進党の両院議員総会で反対意見が続出し、党内の了承を得られなかった。民進党は立憲を含めた3党の( )を引き続き目指すとしている。

 【答え】Q1配偶者居住権 Q2統一会派

 (東京本社で発行した1月17日付、同18日付朝刊最終版記事などから作成)

こんなニュースも