[PR]

 政府の地震調査委員会は9日、静岡県から九州沖合にかけての南海トラフ沿いでマグニチュード(M)8~9級の大地震が30年以内に起こる確率が「70~80%」に高まったと発表した。毎年の数値の更新によるもので、震源域に特別な変化はないという。

 地震の発生確率は、過去の発生間隔と直近の地震からの経過年数で…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも