[PR]

 内戦が続くシリアの首都ダマスカス近郊にある反体制派の拠点、東グータ地区で8日、アサド政権軍側による空爆で76人が死亡した。同地区に対しては集中的な空爆が続いており、8日までの4日間で計229人が死亡した。反体制派の在英NGO「シリア人権監視団」が発表した。

 監視団によると、死者229人のうち、1…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも