[PR]

 中国空軍は9日、レーダーに探知されにくい次世代ステルス戦闘機「殲(せん)20」の作戦部隊への配備が始まったと発表した。空軍報道官の申進科大佐は「重要な一歩を踏み出した」と強調した。殲20は、中国が開発を進めてきた最新鋭のステルス戦闘機。2011年に飛行試験を成功させ、16年に航空ショーで初公開した…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも