[PR]

 「働く人の味方」だった労働組合が、平成に入って大きく変わった。長期不況でリストラの嵐が吹き荒れるなか、余裕を失った「正社員クラブ」は、自らの職や賃金を守るため非正社員の拡大を黙認した。働く人の間に分断ができ、その溝を埋める役割を労組は果たせていない。(大日向寛文)

 ■改正法骨抜き「問題ない」

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも