[PR]

 子供の頃から適当な人間になりたかった。ポケットに手を突っ込んだまま煩わしいものの間を風のようにすり抜ける。おおらかで、際どい洒落(しゃれ)がわかる、そんな余裕のある大人だ。

 真面目さにはなんの魅力も感じなかった。単調な作業をこなせるだけが取りえの、融通の利かない人間に誰がなりたかろう。

 そして…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも