(奨学金破産)「父さんごめん」親子共倒れ 祖父も保証人、請求を恐れる日々

有料記事

[PR]

 家計が苦しいために借りた奨学金が、結果的に親子の共倒れを招いている。経済環境の変化に加え、日本学生支援機構が「金融事業」の色合いを強めたことも背景にある。相次ぐ自己破産は、右肩上がりの時代を前提とした制度のひずみもあぶり出している。▼1面参照

 2016年暮れ、男性(52)の携帯電話が鳴った。東…

この記事は有料記事です。残り2228文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。