[PR]

 くものある日

 くもは かなしい

 くもの ない日

 そらは さびしい

 詩人・八木重吉がこう詠んだように、空に浮かぶ雲は見る側の心持ちを映し出す。

 刻々と姿を変える雲は、色と形をとらえる具象絵画にとって難敵であり、魅力的でもある。この一枚も「秋の那須高原」と題しながら、見る者を引きつけるのは…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも