[PR]

 第十六章 巨星墜つ 24

 

 喜久雄が家に着いてみますと、迎えに出てきた住み込みの若い弟子は青ざめており、台所でも暴れたのか、廊下には割れた皿やグラスが散乱しておりますので、

「俊ぼん!」

 と一声かけて靴を履いたまま上がり込めば、すぐに襖(ふすま)が開いて顔を出したのが春江で、

「ほんまに、ご…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも