[PR]

 いなせな江戸の悪の華、髪結新三(しんざ)を、歌舞伎俳優の尾上菊之助が初役でつとめる。3月3日から東京・半蔵門の国立劇場で上演される「梅雨小袖昔八丈」。菊之助は「音羽屋の芸として大事な演目。新三になれるか、命がけです」と話す。

 河竹黙阿弥が五代目尾上菊五郎にあて書きした作品で、六代目、当代の七代目…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも