[PR]

 昨年活躍した関西棋院の棋士をたたえる第45回関西棋院賞の受賞者が決まった。十段戦で挑戦者になり名人戦リーグにも入った余正麒(よせいき)七段が、3年連続3回目の最優秀棋士賞に選ばれた。利仙賞(敢闘賞)は村川大介八段、道玄賞(殊勲賞)は瀬戸大樹(たいき)八段。他の受賞者は次の通り。

 新人賞=西健伸(…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも