[PR]

 歴史学者が地震などの災害研究と正面から取り組み始めた。新史料の発見や既知の史料の再検討を通して、過去の災害の実態解明に新たな成果が生まれている。東日本大震災を機に、過去を知る学問である歴史学を未来の防災に役立てようという動きが広がりつつある。

 約100人が参加して10日に仙台市で開かれたシンポ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも