[PR]

 ■出口治明さんからの前回の手紙

 古代中国を研究している落合淳思さんは『殷』(中公新書)で、殷王朝が、いけにえなどのいびつな行為はあったが、全体として見れば「古代文明なりの合理性」によって維持されていたと指摘しています。

 様々ないびつな形、とがったもの、汚れたもの、それらすべてを「包摂」して生き…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも