[PR]

 児童養護施設や里親の家庭などで育った若者の体験を載せたインターネット上のサイト「そだちとすだち」が開設されて1年余り。先入観や偏見を払拭(ふっしょく)しようと、当事者たちが発信をしている。このサイトを題材にした漫画が描かれ、今月から月刊誌で連載が始まった。

 サイトを運営する千葉県の社会科教師、川瀬信一さん(30)も当事者の一人だ。

 実家は物心ついた頃から「ごみ屋敷」で、母親にシチューを頭からかけられたこともあった。小学6年生の時に里親家庭に入ったが、うまく関係が築けなかった。児童養護施設などを経て、大学と大学院に進学し、教師になった。今は中学時代に1年間を過ごした児童自立支援施設で教えている。

 講演会などで自分の経験を語る…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも