改憲で合区解消、各党反発 一票の平等損なう恐れ 自民改憲本部が了承

有料会員記事

[PR]

 自民党は16日、憲法改正推進本部の全体会合を開き、衆参両院の選挙を規定する憲法47条の改憲条文素案を了承した。参院の「合区」解消のため都道府県ごとの枠組みにこだわるなど「投票価値の平等」が損ないかねない内容で、他党からは厳しい声があがる。▼オピニオン面=社説

 自民が検討する改憲4項目のうち、具…

この記事は有料会員記事です。残り1520文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら