公務員定年延長、65歳へ検討開始

有料記事

[PR]

 政府は16日、国家公務員の定年引き上げに向けた関係閣僚会議を開き、現在の60歳から65歳に段階的に引き上げる方向で検討を進めることを了承した。総人件費抑制のための60歳以上の給与の減額や、一定年齢で管理職から外す「役職定年」の導入を検討課題とし、人事院に検討を要請した。

 この日了承された「論点整…

この記事は有料記事です。残り144文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!