[PR]

 朝日新聞社は昨年11月、40代以上のシングルに出会いの場を提供する会員制サービス「Meeting Terrace」(ミーティングテラス)を始めました。セミナーなど知的体験を通して自然な交流の機会を演出し、出会いをサポートする、イベントの一例を紹介します。

 1月21日。東京・銀座でミーティングテラス(MT)のイベント「獺祭(だっさい)セミナー&交流会」が開催された。最近の日本酒ブームの火付け役となった獺祭の蔵元によるセミナーと、獺祭を飲み比べながら料理を味わう交流会の2部構成。どのような人が集い、どんな出会いの場が生まれているのか。

 銀座の大通りに面したビル12階の和食店「江戸前肉割烹(かっぽう) 宮下」。席に着いた参加者らは少し緊張した面持ちだ。男女計21人。午後2時、司会者のあいさつでセミナーがスタートした。

 講師は、旭酒造(山口県岩国市)営業部長の松藤直也さん。8年間、酒造りも経験したという。参加者は資料を手に、メモを取ったり、うなずいたり。

 45分のセミナーの後は、交流会に移った。男女混合の4人掛けのテーブルが5卓。飲み比べの3種の獺祭が注がれると乾杯の声が響いた。「どれもおいしい」、「やっぱり『二割三分』かな」と口々に感想をいう参加者。先ほどの真剣な表情とは打って変わって笑みがこぼれた。

 松藤さんがボトルを持って各テーブルを回ると参加者から熱心な質問が飛ぶ。40代の女性参加者は、「実は日本酒は全然飲まないんです。だから、飲み方を学びたくて」。イベントは趣味を広げるきっかけでもある。

 料理は、カウンターに取りに行くビュッフェスタイルで、獺祭の酒粕(さけかす)を使った鶏料理やスイーツなど全7品。多くの人と知り合えるよう、交流会1時間45分の間に男性の席替えが4回あり、料理を分担して運んだり取り分けたりする姿も見られた。

 MTのイベント企画・運営に加わるリンクバル(本社・東京)のイベント・クリエイティブ事業部部長、高柳大介さんは「会員組織ということもあり、ミーティングテラスの参加者は打ち解けるのが速い」と話す。終盤、テーブル対抗の「日本酒クイズ」が始まると、優勝商品の獺祭300ミリリットル瓶をめぐり、一体感も生まれていた。

 終了直前、参加者は男女別に分かれ、気になる相手の名前と、自分の連絡先をカードに書いた。カードは封筒に入れられ、退場時にスタッフが相手に渡す。カップルが成立したかどうかは周囲に知られず、本人同士で確認できる仕掛けだ。

 今回初めて参加したという東京都在住の50代の公務員の女性は「とても楽しい時間でした。緩やかなきっかけから、関係が熟成されていくイメージを持ちました」と振り返る。今回で3回目という大阪府の会社経営者の40代男性は「キチンとした印象の女性が多い。今後もいい出会いを求めて参加したい」。

 一方、「結婚が目的ではなく、人とのつながりから人生を豊かにしたいと思って参加しました」(東京都、40代、会社員女性)、「男性との出会いは求めているけれど、まずは多くの人と、サークル活動のように楽しい場になれば」(横浜市、50代、薬剤師女性)との意見も。

 東京都の50代会社員男性は、これまで12回イベントに参加した。「今日も、これまで会ったことがある方が何人かいました。1回会っただけで交際に至るというのは自分には現実的ではない。何度も参加する中で知り合えたら」と話していた。(渡辺香)

      ◇

 ミーティングテラスはサービス開始から3カ月が過ぎ、「イベントでパートナーができました」という報告も事務局に寄せられ始めている。40代の女性からは「男女問わず、ふだん知り合えない方々と話ができて楽しいひとときでした。すてきな方とおつきあいをすることになりましたので、退会します」と連絡があった。

 ■獺祭、磨きにこだわり

 フルーティーな香りとすっきりとした飲み口で、日本酒を飲み慣れない人にも支持される獺祭。製造方法は独特だ。

 まず、経験と勘で酒造りを指揮する「杜氏(とうじ)」を置かず、糖度やアルコール度数などをデータ分析して高品質を実現する。酒米は山田錦のみ。玄米を削ってどのぐらい残したかを示す精米歩合が50%以下の「純米大吟醸」が商品の大半だ。酒米は磨く(削る)ほどに仕上がりの雑味がなくなるといわれている。中でも、23%まで磨いた「磨き二割三分」は主力商品。松藤さんは「腕の良い杜氏なら40%の磨きで良い味を出すでしょう。当社は『磨きを補う技術より、技術を補う米の磨き』という考え方が軸です」。

 酒造りは寒い時期が適し、秋~春が一般的だが、旭酒造は、冷房設備を整えて夏も製造する「四季醸造」を実現している。「常にフレッシュなお酒を届けたい」という思いがあるという。

 ■40歳以上対象、リアルな場を重視

 Meeting Terrace(MT)は、朝日新聞社運営の会員制サービスです。40歳以上のシングルの方々に出会いの場を提供します。

 日本では、50歳の時点で一度も結婚をしていない人の割合「生涯未婚率」が男性23.37%、女性14.06%(2015年、国立社会保障・人口問題研究所調べ)で、年々上昇しています。40代以上になると職場など身近な場所で同世代のシングルの方と知り合う機会は少ないのが実態です。

 当社は、こうした現状を報道で伝えるだけでなく、実際に出会いの場を提供するためにサービスを始めました。結婚相手だけではない多様なかたちの人生のパートナーを探せるのも特色です。自分の時間を大切にしたい、戸籍にしばられたくないという思いが強い方や、配偶者を亡くされた方、お墓や相続の問題であえて結婚相手ではない「パートナー」という関係性を選ぶ方もいます。個人の価値観、多様な家族像を大切にします。

 会員同士が安心・安全にパートナー探しができることを第一に考え、登録時に、役所が発行する独身証明書を必ず提出いただくほか、独自の審査も設けています。リアルな場を重視し、サイト上のマッチングはしていません。

 交流会は、知的好奇心を満たすセミナーや非日常感を味わえる上質なイベントとあわせて開催します。新たな体験、自身が成長できる「豊かな時間」を演出します。対面の会話だけではわからない意外な一面を知る機会にもなります。

 現在は、毎月10~15回のイベントを首都圏で開催しています。

 詳細は公式ウェブサイト(https://meetingterrace.jp/別ウインドウで開きます)。問い合わせは事務局050・6861・0010(平日午前10時~午後5時、土日祝正午~午後5時)へ。

 ■サービス価格表(税抜き)

 <入会費>

 39,800円(ウェブからの申し込み)

 50,000円(紙の申込書を利用)

 <月会費>

 9,800円(入会完了月は無料※)

 <イベント参加費>

 1,000~12,000円(目安)

 <公式ウェブサイト>

 https://meetingterrace.jp/別ウインドウで開きます

 〈※入会完了月は、事務局が独身証明書を受け取り、会員登録が完了した月〉

 ■今後のイベント予定

 ◆目黒川桜回廊貸し切りクルーズ&増上寺しだれ桜の散策! 東京プリンスホテルでのランチブッフェ

 都内最大級の桜回廊を船から案内

 ◆早春も満喫! 講師と巡る浅草寺散策と今戸神社で縁結び祈願(史跡めぐり)

 ◆明治維新150周年! 大河ドラマ「西郷どん」を10倍楽しむ 古地図で歩く江戸将軍ゆかりの幕末さんぽ ~谷中・上野~

 上野公園(彰義隊の墓、清水観音堂、上野大仏、上野東照宮)→寛永寺→浄名院→谷中霊園→天王寺と歴史ガイドが案内。昼食は谷中の名店「はん亭 根津本店」で串あげ御膳

 ◆春ならではの日本酒を飲み比べ! 日本酒セミナー「春の日本酒と酒器を楽しむ」

 お花見とお酒の由来、酒器の種類なども説明します

 ◆有名レストランでの交流会

 東京・白金台の「八芳園」や、銀座や恵比寿などの有名店でビュッフェを楽しみながら交流

 ■男性限定、入会費お得に 28日までキャンペーン

 MTは現在、女性会員数が男性を上回っているため、バランスを考慮して一時的に女性に新規入会を待っていただいています。このため、男性限定でお得に加入できる「バレンタインキャンペーン」を実施中です。2月28日まで。

 通常3万9800円(税抜き・ウェブ申し込みの場合)の入会費が3万円引きの9800円。公式ウェブサイトから期間中に申し込み手続きを完了した方が対象です。紙の申込書の場合は、消印が期間内なら有効。独身証明書は、期間が過ぎてからの到着でも構いません。

         ◇

 加入を検討中の男性向けに「無料説明会&相談会」を実施します。サービス内容やイベントの雰囲気をお伝えし、不安や質問にできる限りお答えします。以前の説明会参加者からは「気になっていた点が解決した」と好評です。お得な特典も用意しています。

 日程は2月24日(土)・25日(日)、3月3日(土)・4日(日)。詳細や申し込みは公式ウェブサイトで。

こんなニュースも