[PR]

 平昌冬季五輪で羽生結弦、小平奈緒の両選手が相次いで金メダルに輝いた。

 フィギュアスケートの羽生選手は昨年のけがからの復活。一方、スピードスケートの小平選手は16年以降出場したW杯で無敵を誇り、勝って当然という重圧の中で悲願を達成した。

 支え続けた人々の存在にも光が当たるが、何より2人に共通するのは、納得のいく練習環境を追い求め、そのためには失敗も、自らを変えることも恐れなかった姿勢といえる。

 羽生選手は外国人コーチの指導を仰ぐため、12年に練習拠点をカナダに移した。小平選手は大学時代からのコーチの教えを受けながら、スケート大国オランダに2シーズン留学し、伸び悩んでいる点の改善に努めた。

 殻にこもらず、国際的な視点を重視する考え方はスポーツ界全体に広がる。中でもスケートは冬季競技の先頭をゆく。

 スピード部門はメダルなしに終わったソチ五輪の反省を踏まえ、スポーツ科学の研究者を強化責任者にすえ、コーチをオランダから招請。そのもとで代表チームを固定化して長期合宿を行い、体系的な指導、食生活の支援、選手同士の交流を深めるなど異例の態勢をとった。

 銀と銅の二つのメダルを獲得した高木美帆選手は、そこに参加して力量をみがき、最近、世界記録を何度も更新している女子団体追い抜き(パシュート)にも期待が集まる。

 改めて思うのは、指導者が果たす役割の大きさ、そしてその人材の確保・養成にむけた競技団体のとり組みの重要性だ。

 指導の目標や方向性をしっかりすりあわせたうえで契約を結ぶ。外国人コーチには競技知識を持った優秀な通訳をつけ、意思疎通に万全を期す――など、選手・指導者がそろって力を発揮するために何をすべきか、常に留意しながら進めることが成果をもたらす。

 日本出身の優秀な監督・コーチも大勢いるが、世界で活躍する人々と比べたとき、なお学ぶべき点は多い。例えばその選手が育ってきた背景や、土地の文化、歴史まで理解して教え導くコミュニケーション能力だ。

 招請した指導者を支えつつ、ノウハウを吸収する。自ら海外にわたってコーチ経験を積む。競技団体としてそうした機会を意識的に増やし、あるいは制度を設け、指導者層を厚くすることに努めてもらいたい。

 平昌五輪閉幕まで1週間を切った。これから出場する選手の活躍を祈りながら、明日の隆盛につながるヒントを探りたい。

こんなニュースも