[PR]

 地球温暖化対策で再生可能エネルギー外交を推進し、世界をリードするとした提言を、外務省の有識者会合が19日、河野太郎外相に渡した。環境省も同日、太陽光と陸上風力は2040年ごろまでに「最も安価な電源として、加速度的に普及する」などとした長期的な温室効果ガス削減の考え方を公表。4月以降に政府内で温暖化…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

こんなニュースも