[PR]

 江戸時代中期の禅僧、白隠慧鶴(はくいんえかく)(1685~1768)の存在は仏教界において、特に臨済宗の宗門内部においてはよく知られている。「臨済宗中興の祖」と称(たた)えられ、民衆教化に邁進(まいしん)した僧として尊崇を集めてきた。白隠は生涯に1万点を超えるかというおびただしい数の書画を描いたが…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも