[PR]

 外科手術など医療が進歩し、生まれつき心臓に病気がある患者の9割が成人できるようになった。大人になっても経過を診る必要があるため、「成人先天性心疾患」と呼ばれる。就労や結婚する患者が増え、女性では妊娠・出産に悩むケースも出てきている。

 岡山大病院の成人先天性心疾患副センター長・赤木禎治(あかぎてい…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも