ジャンル超え「月」を表現 バイオリニスト・川井郁子がアルバム

有料会員記事

[PR]

 バイオリニストの川井郁子が、7年ぶりのオリジナルアルバム「LUNA」を発表した。「月」をテーマに、時に和太鼓や尺八などと豊かなアンサンブルを奏でながら、幻想的な世界観を生み出している。

 「赤の月」「真白の月」「群青の月」の三つの構成からなる17曲。全編オリエンタルな雰囲気を漂わせている。「西洋の…

この記事は有料会員記事です。残り381文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら