[PR]

 ■Reライフ 人生充実

 昨年暮れ、登嶋健太さんという好青年と出会った。高齢者施設で働いていた時、「自分の生まれ育った田舎の風景をもう一度見たい」とか「以前行ったスペインのあの場所を見たい」という方がたくさんいたので、360度カメラでその風景を撮影し、「VR」というシステムで皆さんに見ていただいたという。

 VRとはバーチャルリアリティー。専用ゴーグルをつけると、まるで自分がそこにいるかのように画像が見える。振り返れば後ろの風景が、上を見れば空が。本当に行った気にさえなる。施設の方々にも大変好評で、登嶋さんは世界や日本の「見たい」と頼まれたところや自分が紹介したいところを撮りに行った。

 米国の日系高齢者の施設に出向…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも