[PR]

 古都・奈良に春を呼ぶという東大寺二月堂の修二会(しゅにえ)(お水取り)は、752(天平勝宝4)年から1260年以上続く。しかし、写真に収められるようになった歴史は浅く、その名を世に知らしめたのは戦後カメラを向けた入江泰吉(いりえたいきち)や土門拳(どもんけん)らだった。それより前、昭和初期に撮られ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも