[PR]

 2日のロンドン外国為替市場で、トランプ米政権が鉄鋼やアルミ製品に高関税をかける方針を発表したことを受け、貿易戦争をめぐる懸念からドルが売られる一方、安全資産とされる円が買われ、急激に円高となった。円は一時、対ドルで1ドル=105円30銭程度をつけ、約1年4カ月ぶりの円高ドル安水準になった。 1日に…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも