[PR]

 恋愛とは「美しき誤解」で、結婚とはその「惨憺(さんたん)たる理解」だ――。

 昭和の文芸評論家、亀井勝一郎が「愛の無常について」でそう書いている。思春期に読んで強く印象に残った。

 今もときどき思い出す。男女関係の機微より、人が自分を認識するときの振幅の大きさについて含蓄のある表現だと思うからだ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも