(東日本大震災7年 復興の途上で)時が動き出す 双葉、誰も住んでいない街で

有料会員記事

[PR]

 東京電力福島第一原発がある福島県双葉町。約7千人が暮らしていた町は、7年が経つ今も立ち入りが厳しく制限され、誰一人住んでいない。

 目に映るのは、人々の生活の名残ばかりだ。

 衣料品店ののぼりに躍る「大売り出し」の太い文字は風雨にさらされ、色あせている。民家の割れたガラス窓から見えた、「さとる」と…

この記事は有料会員記事です。残り297文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら