求む、町村議員なり手 定数減で報酬アップ/県職員ら兼務 新制度、総務省研究会が提言へ

有料会員記事

[PR]

 議員定数を減らして報酬をアップしたり、県職員が村の議員を兼務できるようにしたり――。町村議員のなり手不足を解消する方策を、総務省の研究会が月内に提言する。町村議会の新しい形をつくることで、より多くの人が議員の職を担えるようにしようとの狙いだ。総務省は地方自治法の改正を念頭に、具体的な検討を進める考…

この記事は有料会員記事です。残り563文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら