TPP波乱含みの署名式 米復帰示唆に揺れる11カ国

有料会員記事

[PR]

 米国を除く環太平洋経済連携協定(TPP)に参加する11カ国は8日(日本時間9日未明)、南米チリで署名式を開く。各国は署名後に批准手続きを進め、2019年の発効を目指す。一度は離脱を決めたトランプ米大統領が今年に入って復帰を示唆していることが、署名後の波乱要因になりそうだ。

 日本から参加する予定の…

この記事は有料会員記事です。残り951文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら