魚に寄生アニサキス、食中毒患者倍増 17年240人 認知度上昇要因か

有料記事

[PR]

 魚の内臓に寄生するアニサキスによる食中毒の報告患者が、2017年は前年と比べ約2倍に増えたことが厚生労働省の集計でわかった。患者は240人(速報値)で、前年の126人からほぼ倍増した。

 1カ月の平均は昨年1~4月は約13人だったが、多くの新聞やテレビで被害状況が報道された5月以降は約24人になっ…

この記事は有料記事です。残り333文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!