関税で駐日米大使に申し入れ 秋葉外務次官

有料記事

[PR]

 トランプ米大統領が安全保障を理由に鉄鋼やアルミ製品に新たな関税を課す方針を表明したことを受け、秋葉剛男外務次官は6日、ハガティ駐日米大使を外務省に呼び、「同盟国の日本からの鉄鋼やアルミの輸入が米国の安全保障に悪影響を与えるものではない」と口頭で伝えた。外務省によると、ハガティ氏は本国に伝えると応じ…

この記事は有料記事です。残り131文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!