[PR]

 毎年、これが最後かなと胸のうちに思いながらお雛(ひな)さまを飾っている。雛祭りが終わるとさっさとしまわないと、娘がいたらその婚期が遅れるとの言いならわしがある。今、寂庵(じゃくあん)にはまさに適齢期の娘が2人勤めてくれているので、惜しがりながらも3月5日すぎには雛壇を片づけてしまう。

 今年の冬は…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも