[PR]

 2月下旬に開かれた2018年秋冬ミラノ・コレクションは、ネオンカラーや光沢のある素材で、SFのような近未来的な要素を打ち出すブランドが目立った。1960~70年代のヒッピーのような自由な感覚の重ね着やビッグシルエットと融合させ、独自のスタイルを競った。

 物議をかもしたのはグッチだった。テーマは…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも