[PR]

 JR山陰線の鳥取―出雲市駅間で新たに導入される観光列車「あめつち」(2両編成)の運行が7月1日から始まることが決まりました。運行は土~月曜日が中心で1日1往復。日本海や大山、宍道湖など眺望が美しい3区間は徐行運転します。

 内装は鳥取、島根両県の伝統工芸品などを採り入れ、天井照明は因州和紙で覆って柔らかな明かりを演出。テーブルに石州瓦を埋め込んでいます。列車のデザインなどは出雲市出身で映画監督の錦織良成氏、松江市出身でアニメ映画の美術監督を務める吉田昇氏が協力しました。

 http://t.asahi.com/ox0p別ウインドウで開きます

こんなニュースも