ビタミンD不足→がんリスク高 国立がんセンター、血中濃度調査論文

有料記事

[PR]

 血液中のビタミンDの濃度が低いとがんになるリスクが高くなることがわかった。国立がん研究センターのチームが8日、英医学誌ブリティッシュメディカル・ジャーナルに論文を発表した。ビタミンDはがん細胞の増殖を抑える働きがあるためとみられる。

 チームは岩手や沖縄など8県の40~69歳の約3万3千人を19…

この記事は有料記事です。残り268文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。