GDP上方修正、年1.6%増 設備投資増加 10~12月期2次速報

有料記事

[PR]

 内閣府が8日発表した2017年10~12月期の国内総生産(GDP)の2次速報は、物価変動の影響を除いた実質で前期から0・4%増だった。この状態が1年間続いたとする年率換算では1・6%増。2月に公表された1次速報の0・1%増(年率0・5%増)から上方修正された。

 上方修正された主な要因は設備投資…

この記事は有料記事です。残り483文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。