ワーグナーで生まれる一体感 「東京・春・音楽祭」でオペラ「ローエングリン」

有料記事

[PR]

 16日開幕の「東京・春・音楽祭」。上野で約1カ月間開かれる公演の目玉は4月5、8日にある演奏会形式でのワーグナーのオペラ「ローエングリン」だ。共にドイツ出身で、題名役を歌うクラウス・フロリアン・フォークト、指揮者のウルフ・シルマーに思いを聞いた。(星野学、安部美香子)

 ■テノールの常識を変える…

この記事は有料記事です。残り908文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!