(WEBRONZA)「企業のため」が潰す大学の基礎研究

有料会員記事

[PR]

 「国立の研究大学は『投資に見合うリターン』を生み出し、『知識産業』へと脱皮せよ」。国立大学の経営改革をめぐり、内閣府で交わされている議論の中にはそんな意見も出てきます。

 「『企業のニーズ』に基礎研究が潰される」(2月26日)の中で、豊田工業大学シカゴ校(TTIC)学長の古井貞熙(さだおき)さん=…

この記事は有料会員記事です。残り597文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら