(HUFFPOST)予告もなしに途切れた母との日々

有料会員記事

[PR]

 通信制高校2年生の津坂博将さん=写真=は「高校2年生、私は母親の喪主を務めた」(5日)と題した寄稿で、最近母親を亡くしたことへの思いをつづった。

 母が体調を崩して入院し、見舞いに行った。数日で退院と聞き、「また明日」と別れた。だが母は深夜、危篤となり、亡くなった。

 「壮行会」で喪主を務めたが「…

この記事は有料会員記事です。残り629文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら