[PR]

 江戸後期の歌川国貞といえば、浮世絵師の中でもひときわ大量の作品を描き、晩年の凡作が多く流布するため、絵師としての正しい評価を得られていないというのが実情だ。

 そんな中で、静嘉堂文庫美術館(東京都世田谷区)での本展は、国貞の魅力を改めて深く知る好機だと思う。実は私も、国貞のパターン化したような作品…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも